コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<遺伝子組み換え作物>作付面積が過去最高に(毎日新聞)

 遺伝子組み換え作物の09年の世界での作付総面積が、過去最高の1億3400万ヘクタールとなったと、NGO「国際アグリバイオ事業団」(本部・米国)が26日発表した。前年比900万ヘクタール増で、商業栽培が始まった96年の約80倍になった。

 主な作物はトウモロコシ、大豆、ナタネ、ワタで、4種とも過去最高の作付面積。特に大豆は、世界の大豆作付面積約9000万ヘクタールの77%を占めた。

 国別の上位3位は、▽米国6400万ヘクタール▽ブラジル2140万ヘクタール▽アルゼンチン2130万ヘクタール。栽培国総数は、ドイツが栽培を中止したがコスタリカが新たに加わり、08年と同じ25カ国。

【関連ニュース】
食卓どこへ:遺伝子組み換え 反響特集Q&A 浸透じわり、高まる関心
有機JASマーク:ジャージー種牛乳で日本初認証--北杜「キープ協会」農場 /山梨
八十八卵:宇城の休耕田で飼料米生産 熊本市で試食会、知事夫妻ら味わう /熊本
科学のまちから:筑波大遺伝子実験センター 「変異トマト」850種公開 /茨城
ことば:筑波大遺伝子実験センター /茨城

元郵便局社員の女を逮捕=貯金解約、総額2億円か-兵庫県警(時事通信)
【かんさい発ECO応援団】間伐材利用で一石二鳥 「大阪府木材連合会」(産経新聞)
複数分野束ねる「基礎番号」検討=社会保障と税の共通制度で-第2回検討会(時事通信)
日医、医学部新設には「反対」(医療介護CBニュース)
首相動静(2月22日)(時事通信)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。