コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<山崎飛行士>優希ちゃん抱きつく 家族と15日ぶりに再会(毎日新聞)

 【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)奥野敦史】スペースシャトル「ディスカバリー」で米東部時間20日午前(日本時間20日夜)、無事帰還した宇宙飛行士の山崎直子さん(39)が同日、夫大地(たいち)さん(37)、長女優希ちゃん(7)と15日ぶりに再会した。

 大地さんらは、ケネディ宇宙センターの滑走路で着陸を見届けた後、家族専用の宿泊施設に待機。山崎さんが2人の待つ施設に到着すると、優希ちゃんは待ちきれず部屋から飛び出し、エレベーターホールで山崎さんに抱きついたという。

 大地さんは自身の簡易ブログ「ツイッター」で「さっきまでは帰還の勢いで元気そうだったが、帰還が1日延びたのが結構大変だったみたい。今日は一日中ゆっくりリラックスさせてあげようと思います」といたわった。

 山崎さんら乗組員は21日、訓練の拠点があるテキサス州ヒューストンに移動。地元で開かれる帰還歓迎式典に参加する。

【関連ニュース】
【写真特集】「きれいなお姉さん」系から「きれいなママ」系宇宙飛行士に 山崎直子さんの軌跡
【写真特集】映画みたい? NASA ミッションポスター
【写真特集】山崎さんのプロフィールや写真、日本の宇宙飛行士の写真を掲載
<関連記事>山崎直子宇宙飛行士:無事帰還 「美しい地球の自然、また感じた」

温暖化対策、すれ違い=中国副主任と会談-外相・経産相(時事通信)
都の漫画児童ポルノ規制 民主、代案提出を検討(産経新聞)
ローマ、モスクワ発便を再開=4日ぶり成田行き-日航(時事通信)
<巨大こいのぼり>100匹スイスイ 栃木・壬生町(毎日新聞)
山内議員の元秘書に支払い命令 東京地裁(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

INAXの中傷文書送付=ブローカー、容疑で逮捕-三重県警(時事通信)

 住宅設備機器会社INAX(愛知県常滑市)を中傷する文書を取引先に送り付けたとして、三重県警組織犯罪対策課などは13日、信用棄損容疑で東京都中野区本町、ブローカー大塚こと趙万吉容疑者(60)を逮捕した。県警によると、容疑を否認しているという。
 逮捕容疑によると、趙容疑者は大阪市の自営業者らと共謀。2009年6月7日から17日にかけ、三重県伊賀市の同社工場社員や下請け業者の名を挙げ、暴力団関係者に利益供与をしているとする虚偽の文書を同社の取引先に送った疑い。 

日ロ首脳が会談へ(時事通信)
<飯塚市長選>斉藤氏が再選 福岡(毎日新聞)
詐取金でマンション購入 容疑の組員ら逮捕(産経新聞)
誤った警察発表、少年遺族「名誉毀損」 愛媛県に33万円賠償命令 松山地裁(産経新聞)
<文科省職員>女性のバッグから財布 窃盗未遂容疑で逮捕(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

美濃まつり 和紙の里に力強く春の声 華やか「花みこし」(毎日新聞)

 和紙の里として知られる岐阜県美濃市で10日、「美濃まつり」が開幕した。ピンクの和紙で飾った「花みこし」が華やかに練り歩き、昔ながらの防火壁、うだつの上がる町並みに春本番を告げた。

 花みこしは大人みこしと子供みこしを合わせて31基。ピンクに染めた和紙を長さ約3メートルの竹に花びらのように飾り、それぞれのみこしに200~300本取り付けた。大人みこしの重さは300キロ前後にもなる。法被姿の担ぎ手が「オイサ、オイサ」の力強い掛け声とともに担ぎ上げると、和紙の花が大きく揺れた。

 最終日の11日は、県指定重要文化財の山車6台の巡行がある。【山盛均】

核なき世界へ「大きな一歩」=核不使用、ルール化に努力-岡田外相(時事通信)
富士通 野副元社長、損害賠償提訴へ 取締役数人相手に(毎日新聞)
核密約の虚偽説明を陳謝=外相、横須賀市を訪問(時事通信)
新党参加見送り、邦夫氏「私への消極論あった」(読売新聞)
雑記帳 笑いで街を活性化…落語家が街頭でPR 大阪(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

「ねつ造映像」流した米ABC 謝罪要求に応じず「だんまり」(J-CASTニュース)

 トヨタ車の急加速による大量リコール(無償回収・修理)問題にからんで、大手テレビ局ABCが流した再現映像が「ねつ造」された疑いが強まっている。トヨタ側は「誤った印象を視聴者に与えた」として、ABCに対して訂正・謝罪要求をしているが、ABC側は公式には応じておらず、「だんまり」を決め込んでいる。

 問題とされているのが、2010年2月23日に米議会の公聴会で証言した、南イリノイ大学のデービッド・ギルバート教授だ。

■アクセルペダルの配線を故意に変更

 ギルバート氏は、「急加速のシナリオを3時間半で再現できた」と、電子制御装置(ETCS)の欠陥を指摘したが、トヨタ側は3月8日に公開実験を行い、「ETCSの安全性を確信している」と真っ向から反論。ギルバート氏の実験は、アクセルペダルの配線を故意に変更するなどして行われたものであることを明らかにした上で、「実際に走行する自動車に関する結論を導くには不合理だ」などとギルバート氏の実験の前提を批判した。

 ギルバート氏は米ABCテレビにも出演し、「欠陥疑惑」を主張してきた。2月22日の放送でも、ギルバート氏による再現実験の様子を紹介したのだが、このリポートでも問題が指摘されている。急加速するトヨタ車の映像とエンジンの回転数を示すメーターの映像を合成して流したのだが、メーターは停止した車のものだったことが明らかになっている。

 この報道にはトヨタ側も激怒している様子で、米メディアによるとトヨタは3月11日付けで、ABCニュースに対して訂正・謝罪放送を行うように求める文書を送付。文書では、

  「『危険で加速がコントロール出来ない』という誤った印象を視聴者に与えるために、映像をねつ造した」

と、ABCを強く非難している。

■3月の新車販売台数は回復基調

 ABCは、現段階では要求に応じておらず、米メディアに対して、

  「誤った判断をした。走行中の車ではカメラがゆれるので、良い映像が撮れなかった」

などと釈明し、謝罪要求については

  「弁護士と検討中。返答はする」

などと答える程度にとどまっている。ABCのウェブサイトにも問題の動画が掲載されていたが、現時点では別の映像に差し替えられている。また、ギルバート氏も、トヨタ側の指摘に対して、目立った再反論をしている訳ではなく、「ねつ造疑惑」はさらに深まっている。

 一方、ラフード運輸長官が3月30日に発表した内容によると、03年のスペースシャトル・コロンビア号の爆発事故をきっかけに設立されたNASA(米航空宇宙局)工学安全センター(NESC)のメンバーが、運輸省道路交通安全局(NHSTA)の調査に参加する。

 米オートデータが発表した10年3月の米新車販売台数によると、トヨタ自動車の売り上げは前年同月比40.7%増の18万6863台。09年12月以来、3か月ぶりの増加に転じている。急加速の原因が解明されれば、回復基調にさらに拍車がかかることになりそうだ。


■関連記事
トヨタ叩き「風向き」変化? 急加速「証言矛盾」に「不適切編集」 : 2010/03/16
章男社長、しどろもどろ トヨタ会見の「不具合」とは : 2010/02/17
問われる豊田章男社長の「資質」 公聴会の厳しい質問どう受け答え : 2010/02/23
佐々木希自腹で23万円支払う 「ぐるナイ」ヤラセでなかった! : 2010/03/31
「AKB48」メンバーブログが「炎上」 テレビ番組巡りコメント1万 : 2010/03/25

平沼・与謝野新党は最悪のコンビ 共産・市田氏(産経新聞)
参院選 「小沢ガールズ」再び 新人27人中、女性13人(毎日新聞)
「及第点いただきたい」就任1年前に森田知事(読売新聞)
神戸の女子中学生間に大麻コネクション!?3年女子生徒また逮捕(スポーツ報知)
搭乗型移動ロボ 公道走行へ つくば市が実証実験特区に(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

服役中もブログで抗議し「再審めざす」 前和歌山市長を収監(産経新聞)

 和歌山市が平成12年に観光振興名目で行った事業をめぐり収賄と背任の罪に問われ、最高裁の上告棄却で今月2日に懲役4年の実刑判決が確定した旅田卓宗(たくそう)前市長(64)が30日午前、和歌山地検に出頭、収監された。

 旅田受刑者は出頭直前、「(事件では)贈賄側が事実でない調書に署名したとして損害賠償請求訴訟を起こす。その判決などを証拠に再審請求を目指す」と、服役中も再審に向けた準備を進めることを明かした。

 旅田受刑者は昭和61年から通算4期13年にわたって市長を務め、今回の事件で勾留(こうりゅう)中の平成15年に市議選でトップ当選。判決確定で市議を失職した。今後、勾留期間を除き3年近く服役し、刑期終了後10年間も公選法により被選挙権を失う。

 これまでに旅田受刑者は事件を冤罪(えんざい)と主張し警察や検察、裁判所を批判。服役中もブログなどで抗議し続けるという。

【関連記事】
元和歌山市長、旅田被告の実刑確定へ 最高裁が上告棄却
和歌山市の訴え認める 前和歌山市長と共謀の元若女将らに賠償命令
リクルート事件 改めて語る2人のキーマン
「世紀の判決」は無期懲役 徹底抗戦の構え崩さず
「闘う弁護士軍団」一転検察官に 大阪弁護士会の刑事弁護委

<益川塾>京都産業大で初の入塾式 「切磋琢磨を」と激励(毎日新聞)
関東で暴風、6人が負傷…空と陸の足に乱れ(読売新聞)
不合理なければ「裁判員の量刑維持」…東京高裁(読売新聞)
<参院選>「小沢ガールズ」再び 新人27人中、女性13人(毎日新聞)
富士通、カリスマモデル「モモエリ」とコラボレーションした個人向けパソコンを発表
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。